青くきれいな海を守りましょう

地球の約70%を占めているのは、海です。あの青くてきれいな海が今、どんどん汚されています。

そもそも、海は自分の力で浄化する力を持っています。しかし、今日、私たち人間によってどんどん汚されている海は、もうすでに自分の力で浄化できなくなっています。

 

海を汚染する原因は、様々あります。汚染の大きな原因と言われているのが、家庭や工場から排出される汚水です。家庭からは、台所、お風呂場、トイレからの汚水が排出されています。

工場からは、化学物質が含まれた汚水が排出されています。下水処理設備の整った地域では、家庭や工場の排水は、下水処理施設できれいに浄水されてから海や川に流されます。

一方で、この下水処理設備が整っていない地域では、家庭や工場などから排出された汚水がそのまま川や海に流されています。これは大変な問題です。

 

田畑の化学肥料が混ざる農業排水、家庭用洗剤が混ざる家庭排水にはリンという物質が含まれ、これが海に流れ込むと海に栄養がいきわたる「富栄養化」になります。こうなると、海に流れ込んだリンなどの化学物質を栄養にして藻や植物プランクトンが大量に繁殖し、海が赤くなる赤潮が発生します。

赤潮が発生すると、藻や植物プランクトンを食べる動物プランクトンも異常発生し海水が汚れ、また、海水中の酸素が不足し始めます。

そして、そこに生息する魚介類に被害を与えるのです。また、農薬が混ざる農業排水や様々な薬品や化学物質が混ざる工業排水が海に流れ込むと、海の水質や生物に長期にわたり悪影響を与えます。

海難事故も海の大きな汚染原因です。

例えば、石油タンカーが海上で座礁し大量の油が海に流れ込む事故があります。この事故が発生すると、大量の原油が海に流れ込みそれがどんどん広がっていくと、海の生物に深刻な問題を与え、生態系に悪影響が及びます。身近な例を挙げると、日本でも重油流失事故がありました。

 

1997年1月2日未明、島根県沖の日本海でロシア船籍のタンカー「ナホトカ号」が座礁しました。その結果、船に積載されていた重油の一部、約6240KLが流れだし、日本の海上保安庁や海上自衛隊、また地元住民や全国から集まったボランティアで重油の回収作業が行われました。

回収作業が終わるまで、1ヵ月強かかり、2月25日に終了したようです。この影響で、海の生物への被害はもちろん、その他、事故が発生した日本海の水産物に対して風評被害もあり、漁業関係者も被害を被っていました。

大気汚染によって有害な化学物質を含んだ雨、酸性雨も海洋汚染の1つと言われています。酸性雨が海に降ることにより、そこに生息していた海洋生物が生息できなる環境を生み出します。

そこで産卵できなくなるなど生態系に影響を及ぼします。また、異常な遺伝子ができ雄雌胴体などの異常生物が生まれているという報告もあります。また、酸性雨は赤潮の発生は有害プランクトンの発生につながると指摘されています。

家庭から海へ、畑から海へ、街から海へ、毎日汚染物質が流れ出す

これらのほかにも、人間が出すゴミも問題です。海岸のあちこちにゴミが捨てられていたり、船からゴミを投棄されたりするケースもあります。

例えば、海に捨てられた透明なビニール袋を餌と勘違いして食べた海洋生物の内臓に消化できないそのビニール袋がずっと残ってしまう映像や、海に残された釣り糸に絡まりケガをしている海洋生物の映像を目にする機会があると思います。

日本のゴミが海を渡り、中国やロシアに流れ着くこともあればその逆もあります。このように、海のゴミは海流に乗ってその汚染範囲を拡大させます。

進む海の汚染問題

このような海洋汚染の問題改善のため、現在、世界各国・各地域で「水質汚濁防止法」が制定されています。この法律は、工業・産業排水などによる川や海の資質汚濁を防止を目的に水質浄化に努めるものです。日本でも1970年、工場や企業からの排水規制を目的として制定されています。

そのほか、グリーンピースなど環境保護団体など、政府や民間の機関や団体が問題改善に乗り出しています。日常生活の中で、「ゴミを捨てない」、「環境にやさしい洗剤を選び使用する」など、私たちが個人レベルでできることもあります。こうした小さな気遣いから、海洋汚染防止に貢献していけます。