「水の問題」

水の惑星、地球の水が危ない

日本では、蛇口をひねれば簡単に安全な水が飲めますが、世界では人口の約1割に当たる人々が安全な水を飲めない環境で生活しています。

また、水は私たちの飲料水や料理、入浴、洗濯、掃除などの家庭用水として利用されるだけではなく、農業用水や工業用水などにも大量に利用されています。

もちろん、地球上の生物にとっても必要不可欠なものです。そんな全世界で必要な水ですが、国や地域で水資源の量に格差があります。

そして、その格差が広がりつつあります。

限りある水の話

そもそも地球の表面は、3分の2以上が水で覆われています。そのうち、約97.5%が海水で、残り約2.5%が淡水です。また、淡水の約70%は、南極や北極の氷の中に存在しています。

人間や動植物が利用できる水は、淡水のさらに一部で、その割合は、地球上の水の約0.8%にすぎません。つまり、地球の水資源には限りがあることを私たちは認識しておかなければならないのです。

しかし、そんな大切な水の不足が世界各地で心配されるようになってきています。過去300年ほどで、地球上の人口は約7倍も増加しました。人口が増えたことで使用する水の量はどんどん増えています。

人口は現在も増加傾向にあるので、更なる水不足が懸念されています。さらに、世界の人口増加のスピードよりも水使用量の増加スピードがかなり上回っています。

また、地球温暖化が水不足の原因にもなっています。気温の上昇に伴い、降水パターンが変化し、雨が極端に降らない少雨の発生が高まっています。

特に水不足が深刻になっていくと予測される地域は、アルジェリアやチュニジアなどの北アフリカや、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、ヨルダンなどのアラブ諸国に多くあります。

また、ソマリア、ケニア、ウガンダなどのアフリカ諸国やインド、パキスタン、バングラディッシュ、韓国などのアジア諸国、またヨーロッパのポーランド、南アメリカのペルーなどでも部分的な水不足に直面すると指摘されています。

現在の世界人口は、約73億人ですが、2025年にはその数が約79億人にまで膨れ上がるとみられています。そして、2025年までに約20億人が水不足地域で生活することになるとの予測があります。

一方、日本はというと、年間の降水量はおよそ1700mm/年で世界平均の約2倍であると言われていますが、国内の水資源量は、世界平均の半分以下しかないというデータがあります。

また、国内でも地域差があり、関東地方の水資源量は、エジプトと同程度という報告があります。

水不足の問題について、日本国内ではあまり強い危機感を感じませんが、日本も決して水資源に恵まれているとは言えません。また、食料自給率の低い日本は、輸入によって国内で消費する食料をまかなっています。

たとえ日本に十分な水資源があったとしても、食料の輸入先で水不足が悪化すれば、農作物不足となり、日本は食料を輸入できなる場合だってあります。それが、日本の食料不足を招く原因にもなりかねません。

つまり、水がある地域に住んでいても、他人事にはできないのです。

他人事にはできない水の問題

現在、水不足の解決策として、海水を淡水に変える技術開発が進んでいます。これは、すでに実用化されていて、海水淡水化市場ではアメリカがトップにいます。

2015年時点では、約1兆円の市場規模でしたが、この市場は今後ますます成長して、2025年には12兆円を超えると試算されています。

日本にも海水淡水化の技術はありますが、まだこの市場のトップ10の国に入り込めていません。しかし、日本の新たな産業として、この海水淡水化技術の輸出に期待が集まっています。

こうした技術は、水不足問題の解決に大いに役立つものではありますが、そもそも地球上の水資源量には限りがあります。ですから、私たちがまず身近なところから対策を取っていくのが大切です。

日常生活において節水に気をつけるなど、水を大切にする意識をみんなが持って行動していくことが必要です。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*